コペンハーゲン(2)

クロンボー城からコペンハーゲン中央駅を経由して世界遺産・ロスキレ大聖堂へ。

14時20分ごろに到着。10分ぐらいして閉めるから出ていってくれと言われ退散。

一旦ホテルに戻り夕方からメトロでニューハウンへ。

ニューハウンは凄い人でした

オペラハウス前を横に見て人魚姫像へ。

世界三大がっかり観光スポット制覇しました。

歩き疲れたので歩いて5分ぐらいの所からバスに乗りました。

コペンハーゲン(1)

ANA217便でミュンヘンへ。
ミュンヘンからは、LH2446便でコペンハーゲンへ。

コペンハーゲン空港に到着しホテルまでは、シャトルバスで

今回は、クラウンプラザ Copenhagen Towers

チェックイン時にフロントでコペンハーゲンカード(48時間分)を購入しました。

朝食はラウンジで

コペンハーゲン1日目は、まずは世界遺産クロンボー城へ。
ホテルの最寄りの駅から電車とバスを乗り継いで行きました。

本来は、コペンハーゲン中央駅からヘルシングオアまで電車で行けるのですが運休中。
事前に調べていたので混乱もなく。
バスは、高速を使うので時刻表より早く到着。

クロンボー城に到着。

城の全体はこんな感じ

クロンボー城の入場料もコペンハーゲンカードなら無料です。

シドニー2日目

シドニー2日目
朝、ラウンジで食事をして部屋でゆっくり。

ランチは、ロックスにあるPhillip’s FooteでTボーンステーキとビール。

ランチ後は、ハーバーブリッジを渡る。

対岸のKirribilli Wharfからサーキュラーキーまでフェリーで戻りました。

フェリーの動画はこちら

シドニー最後の一杯は、黒ビールでした。

この旅でお世話になったすべての人に感謝です。

シドニー1日目

シドニー空港到着。
サーキュラーキー駅までエアポートリンクで移動。
ホテルは
シドニー・ハーバー・マリオット・ホテル・アット・サーキュラー・キー

前日にモバイルチェックインをしていたので10時前でしたが
部屋に入ることができました。

部屋でシャワーを浴びてビールを飲みに出かけました。

シドニーに来ると毎回行くロードネルソン・ブリュワリーホテル。

シドニーに来ると毎回訪れるザ・ヒーロー・オブ・ウォータールー。
ここで食事をした事がなかったが、NHKの二度目のシドニーという
番組でラムシャンクが美味しいとの事だったので注文した。

ホテルに戻り少し休憩、
夕方ラウンジで軽く飲んで食べてハーバーブリッジへ。
今年のビビッド・シドニー 動画でご覧ください。

プロジェクションマッピングを楽しんだ後は、パブ3軒をはしご。
3軒目のパブでオーストラリア対フランス戦を観戦。

シドニー2日目はこちら

羽田からシドニーへ

ANA879便シドニー行きに乗る前にラウンジで食事をしました。

熊本産の黒毛和牛

珍しくハンバーグも頼みました

機内食は、チキン。ラウンジで食べすぎ飲みすぎでほとんど食べず(笑)

シドニー到着前にサラダ、サンドイッチ、フルーツ盛合せ、ヨーグルト。

まもなくシドニー到着です

シドニー到着風景動画です

シドニー1日目はこちら

レニエ大公クラシックカーコレクション(Monaco Top Cars Collection)

レニエ大公クラシックカーコレクション(Monaco Top Cars Collection)
過去のF1マシンやクラシックカーなどが多数展示しています。
入場料は、6.5ユーロ

2007年のフォーミュラーカー チーム ボーダフォン マクラーレン メルセデス

2004年のフォーミュラーカー チーム ウエスト マクラーレン メルセデス
実際にレースで走っていた時のWestやSIEMENSのロゴが消されている

アイルトン・セナのヘルメット

フォーミュラーカー パナソニック・トヨタ・レーシング

1989年のフォーミュラーカー チーム・ フェラーリ

2013年のフォーミュラーカー ロータスF1チーム

1964 ferrari 275 GTB/2

クラシックカーもたくさん


2009年 Bugatti Veyron Grand Sport ネットでは同型が150万ユーロで販売されていた

売店もあります(売店が出口です)

場所

同じフロアーにモナコ切手とコインの博物館(3ユーロ)もあります。
F1などの切手も多数展示されています。
また、入館しなくても売店でF1関連の切手などの購入も可能です。

ニース、フランクフルト経由で帰国

正午過ぎのシャトルバスでニース空港第一ターミナルへ。
チェックイン後、The Library Lounge ラウンジへ。
食べ物がしょぼかった。

第一ターミナルは、結構狭い

ニースーフランクフルトは、事前座席指定ができず。
チェックイン時に出てきたシートは、27D。結構後ろだったが足元が広い。
シートグルで見るとお薦めの座席だった。

フランクフルト空港到着後、ラウンジのシャワールームへ直行

シャワー後のビールはうまい

ANA224便で戻ります。帰りも機内食は洋食です。

グラタンです。

深夜にカツサンドとサラダを頼みました

羽田到着前も洋食。

今回の旅行は、F1モナコGP開催直前だったためコース設営風景など普段
では見れない光景を見る事ができました。
逆に普段のモナコを見る事ができなかった事にもなります。
複雑なモナコの道路も少し理解できたので南仏に行ける時には、
短時間でいいからもう一度立ち寄りたいと思いました。

この旅でお世話になったすべての人に感謝です。

モナコ2日目その3

渡し船でヌーベル・シケイン付近に到着。

トンネルを歩きました

トンネル入り口

ポルティエ。ヘアピン後の右カーブです。

フェアモント・ヘアピンです

高台からヘアピンカーブの写真を撮りたかったですが、スタンドが作られ立ち入りできず。

カジノ前広場です

ほぼレース1周を見た事になります。

一旦ホテルに戻り夜景を見るために再びモナコ大公宮殿へ。
夜8時を過ぎると人が激減します。
サラリーマンは、フランスから通勤しているので夜間の人口は少ないのです。

モナコ大公宮殿に着いた時にはまだ日没ではなかった。
日没は、20時45分だったかな?

モナコ大聖堂

しばらく待っていると暗くなってきました

最終コーナー

サン・デボーテ。昼間たくさんの車が走っていたこの場所も21時になるとひっそり。

Uというスーパーで探していたモナコビールを見つけました。

明日は、ニース、フランクフルト経由で帰国です。

続編「ニース、フランクフルト経由で帰国」はこちら

モナコ2日目その2

ランチを終えモナコ 海洋博物館前からF1のコースを体験するためにミニトレインに乗車。

F1GPの最終コーナー

モナコF1GPコースのストレートをミニトレインに乗車して撮影(6倍速)

F1のレースではサン・デボーテからボー・リバージュへ向け急勾配の上り坂です。
ミニトレインでは下ることになるので動画では、逆再生+6倍速で編集しました。
ぜひF1の雰囲気を味わって下さい。

F1のレースでは、ミラボー、フェアモント・ヘアピン、ポルティエ、トンネル、ヌーベル・シケインの順に走ります。
ミニトレインではレースとは逆に走行します。
動画では、逆再生+5倍速で編集しました。ぜひF1の雰囲気を味わって下さい。

ミニトレイン(途中下車はできません)で海洋博物館まで戻りました。

次の目的地は、最終コーナー。
しかし、ところどころ歩道が閉鎖されたり関係者以外立ち入り禁止になっていてなかなかたどり着けません。
最終的にヨットハーバーの中を通り抜けなんとかこの写真を撮りました。

ミニトレインでは、ほぼGPコースを1周しましたが今度は歩いて周ることに。
一旦渡し船で港を横断してヌーベル・シケインまで移動することにしました。

渡し船は、2ユーロでした。

続編「モナコ2日目その3」はこちら

モナコ2日目その1

モナコ2日目

モナコ切手とコインの博物館へ向います。
昨日と同じホテルからモナコ駅を経由して旧市街地区へ。
坂道の多いモナコですが、公共のエレベータを使えば楽です。

朝9時前だったのでモナコ駅は通勤ラッシュ


公共のエレベータを降りてカリフール、クラシックカー博物館、切手とコインの博物館方面へ向う通路はこんな感じ。

切手とコインの博物館は、9:30開館だったので時間まで朝マックしました。
マクドナルドの上が切手とコインの博物館です。

切手とコインの博物館
F1などモナコ関連の切手が中心ですが、オリンピックの切手などもありました。

一番綺麗だった切手はこれ。
モナコ公国の大公であるアルベール2世のものでした。

売店で私が買った切手セット。

切手博物館の次はモナコ大公宮殿方面へ。
モナコの人口の60人に1人は、警察官だそうです。ちなみにバイクは、ホンダでした。

坂を上がると

F1モナコGPでお馴染みの風景が見れました。

大公宮殿の衛兵交代式は、11時55分から。まだ1時間ほどあったのでランチの予約をするために店へ向かう。
星はないですがミュシュラン調査員おすすめのお店へ。予約完了。

11時30分に大公宮殿に戻りましたがベストポジションは、確保できず。

衛兵交代式も終わりランチです。
モナコビールが飲みたかったですが無かったのでニース産で我慢。

キノコやチーズが入ったサラダ

肉にかかっているソースが旨かった。

続編「モナコ2日目その2」はこちら