モナコ2日目その2

ランチを終えモナコ 海洋博物館前からF1のコースを体験するためにミニトレインに乗車。

F1GPの最終コーナー

モナコF1GPコースのストレートをミニトレインに乗車して撮影(6倍速)

F1のレースではサン・デボーテからボー・リバージュへ向け急勾配の上り坂です。
ミニトレインでは下ることになるので動画では、逆再生+6倍速で編集しました。
ぜひF1の雰囲気を味わって下さい。

F1のレースでは、ミラボー、フェアモント・ヘアピン、ポルティエ、トンネル、ヌーベル・シケインの順に走ります。
ミニトレインではレースとは逆に走行します。
動画では、逆再生+5倍速で編集しました。ぜひF1の雰囲気を味わって下さい。

ミニトレイン(途中下車はできません)で海洋博物館まで戻りました。

次の目的地は、最終コーナー。
しかし、ところどころ歩道が閉鎖されたり関係者以外立ち入り禁止になっていてなかなかたどり着けません。
最終的にヨットハーバーの中を通り抜けなんとかこの写真を撮りました。

ミニトレインでは、ほぼGPコースを1周しましたが今度は歩いて周ることに。
一旦渡し船で港を横断してヌーベル・シケインまで移動することにしました。

渡し船は、2ユーロでした。

続編「モナコ2日目その3」はこちら

モナコ2日目その1

モナコ2日目

モナコ切手とコインの博物館へ向います。
昨日と同じホテルからモナコ駅を経由して旧市街地区へ。
坂道の多いモナコですが、公共のエレベータを使えば楽です。

朝9時前だったのでモナコ駅は通勤ラッシュ

公共のエレベータを降りてカリフール、クラシックカー博物館、切手とコインの博物館方面へ向う通路はこんな感じ。

切手とコインの博物館は、9:30開館だったので時間まで朝マックしました。
マクドナルドの上が切手とコインの博物館です。

切手とコインの博物館
F1などモナコ関連の切手が中心ですが、オリンピックの切手などもありました。

一番綺麗だった切手はこれ。
モナコ公国の大公であるアルベール2世のものでした。

売店で私が買った切手セット。

切手博物館の次はモナコ大公宮殿方面へ。
モナコの人口の60人に1人は、警察官だそうです。ちなみにバイクは、ホンダでした。

坂を上がると

F1モナコGPでお馴染みの風景が見れました。

大公宮殿の衛兵交代式は、11時55分から。まだ1時間ほどあったのでランチの予約をするために店へ向かう。
星はないですがミュシュラン調査員おすすめのお店へ。予約完了。

11時30分に大公宮殿に戻りましたがベストポジションは、確保できず。

衛兵交代式も終わりランチです。
モナコビールが飲みたかったですが無かったのでニース産で我慢。

キノコやチーズが入ったサラダ

肉にかかっているソースが旨かった。

続編「モナコ2日目その2」はこちら

 

ニース空港からモナコへのシャトルバス

ニース・コート・ダジュール空港には、2つのターミナルがあります。
第一ターミナルは、スターアライアンス加盟航空会社など。
第二ターミナルは、エールフランスなどのスカイチーム加盟航空会社など。

ニース空港からモナコまでのシャトルバスは、第一ターミナルが始発で
第二ターミナルを経由しモナコへ向かいます。

第一ターミナルからシャトルバスに乗るには、到着口を出て左に向います。
Bus statonと書かれた看板が目印。約40メートルほどです。

ターミナルを出て10メートルほど進むと左手にチケット売り場があります。
2018年5月時点で片道20ユーロ。往復33ユーロです。クレジットカード使えます。
時間帯によっては、チケット売り場が長蛇の列になることがあります。
ネットで事前に購入する事も可能。

モナコ行きのバスは、110番 終点は、マントン行きです。
第一ターミナルでは、プラットフォーム3が乗り場です。

運転手にチケットを見せて降りたいバス停を告げます。
荷物は、機内持ち込みできる程度の大きさなら車内に持ち込みます。
大きなバッグは、ドライバーがトランクルームに入れてくれます。

第二ターミナルからの乗り方は、こちらのページに詳しく書かれています。

モナコ初日

バスにてモナコに到着!

CASINO DE MONACOのバス停で降りました。
観光案内所の前です。

モナコへ入国の場合、パスポートコントロールはありませんが観光案内所や市役所では、スタンプを押してくれます。

ホテルは、観光案内所から10分程度のノボテル モンテカルロ
フランス国鉄のモナコ駅には徒歩3分程度の場所にあり便利。

レニエ大公クラシックカーコレクションを見に出かける。
ホテルからはモナコ駅のカジノ側出口から駅のホームを通リ旧市街側の出口へ。

スーパーのカリフールでビールなどを購入。
カリフールの上?にあるレニエ大公クラシックカーコレクションへ。
過去のF1マシンやクラシックカーなどが多数展示しています。
入場料は、6.5ユーロでした。
F1マシンの写真などはこちらをご覧ください

レニエ大公クラシックカーコレクションの隣にある切手博物館にも行く
予定でしたが翌日来る事にしてF1GPのコースを少し歩くことにしました。
ニースからの空港バスでも通ったF1GPのスタート地点へ。

レース開催10日前でしたがなんと!コントロールタワーへ入れてもらい写真を撮れました。

所々歩行者が道路を渡れるようにレース用のガードレールが切れていてなんとかピット側に横断しました。
この写真は、ピットからコースへ出る所のものです。

これは、ピットの裏側。まだ出場するチームのロゴなどはまだありませんでした。

この日、モナコのビールが飲める店に行く予定でしたがお目当ての店は写真辺りの観戦用のスタンドになっているようで見当たらず。
ホテルに戻って食事をする事にしました。

ホームストレートからサン・デボーテ(F1のコーナーの名前です)を通りカジノへ向うストレートは歩くと辛い登りでした。汗だくになりながらホテルへ。

続編「モナコ2日目その1」はこちら

フランクフルト、ニース経由でモナコへ

深夜発ということでラウンジで夕食

この日の飛行ルートは

寝る前にラーメンを食べました

朝食の前にコーンスープとフルーツの盛り合わせ

ベルリンの上空辺りで空が明るくなってきました

朝食は、お決まりの洋食です

フランクフルト空港に到着。AゲートからBゲートへ長~~いトンネルを利用。

ルフトハンザでニースへ。

アルプスを越えて

2017着陸時に絶景が望める世界の空港ベスト3になったコート・ダジュール空港着陸風景

ニース空港第1ターミナルに到着

バスでモナコへ。渋滞のおかげでF1モナコGPスタート地点付近の写真撮れた

続編「モナコ初日」はこちら

ヒルトン・オーナーズポイントの価値

ヒルトン オーナーズポイントの価値を調べてみました。

ホテル名 料金(円) Point 料金/Point
東京 24,000 60,000 0.40
成田 10,000 20,000 0.50
ダブルツリー那覇 9,000 21,000 0.43
スクンビット・バンコク 13,000 30,000 0.43
シドニー 21,000 48,000 0.44
ミュンヘン・シティ 31,000 70,000 0.44
ウィーン 21,000 50,000 0.42
サンフランシスコ・ユニオン 28,000 60,000 0.47
NY・タイムズスクエア 22,000 60,000 0.37
ニューヨーク・ダウンタウン 18,000 49,000 0.37
シカゴ 33,000 60,000 0.55

1ドル105円。宿泊料金、ポイントとも最安値かそれに近い値で計算しました。

これを見ると、1ポイント0.4円から0.5円の価値ということになります。

オーナーズポイントをANAマイルに交換すると
10,000ポイント→ANA1,000マイル
なので1ANAマイル2円の価値としても1ポイント0.2円になります。

ポイントは、ヒルトンの宿泊に使った方が良いですね。

円安になれば当然1ポイントの価値が高まります。
1ドル120円なら1ポイント0.5円の価値はありますね。

円高かつボーナスポイントキャンペーン期間にポイントを稼いで円安時にポイントを使うのが一番良い使い方です。

ANAのアップグレードポイントの使い方

 

ANAのアップグレードポイントとは

 

1月~12月のANAグループ運航便の利用で獲得したプレミアムポイント数に応じて、翌年度のプレミアムメンバーに与えられるポイントです。
座席クラスのアップグレードやラウンジの利用などに使えます。

 

国内線でアップグレードポイントを使う

国内線の場合、2018年4月1日から搭乗日2日前からアップグレード手続きが可能になります。詳細はこちら

搭乗当日空港でプレミアムクラスに空席がある場合に4ポイントでアップグレードできます。空席がない場合でも、キャンセル待ちができます。

ただし、ここ数年プレミアムクラスへのアップグレードがなかなかできない。
ダイヤモンドメンバーは、キャンセル待ちの際に最優先されますがそれでもダメな時がよくあります。

アップグレードポイントが使える期間は、毎年4月から翌年3月まで。
誰もが使えるときに使おうとしますので春から夏にかけてがひとつのピーク。
つぎに有効期限内にポイントを使い切ろうという思いが働き1月から3月がもうひとつのピークになります。

1度や2度使えなくても根気よく使えるまで待ちましょう。
もちろん少しでも早く空港に行く努力を忘れてはいけませんが。

それでも使えなかった場合は、アップグレードポイントをSkyコインに交換しましょう。

国際線でアップグレードポイントを使う

国際線(エコノミークラス→ビジネスクラス)へアップグレードする場合欧米路線は、10ポイント。ハワイ・東南アジアは、8ポイント。中国・韓国・台湾は、6ポイント必要です。

アップグレードは、マイルでもできるので路線によってはマイルを使った方がお得な場合もあります。

アップグレードする場合、1ポイントの価値が最も高い路線は、ヨーロッパやアメリカ中部・東部、メキシコで2,800mile/point。
逆に低いのが、マニラで1,500mile/pointでした。

頻繁に国際線でアップグレードする人は、マイルとポイントをうまく利用しましょう。

アップグレードポイントの使い道としては、国際線で使った方が価値は高いですがアップグレードできる航空券もこれまた高いのが難点。

都市別必要マイル・ポイント一覧

都市 Mile Point M/P
ニューヨーク 28,000 10 2,800
ワシントンDC 28,000 10 2,800
ヒューストン 28,000 10 2,800
シカゴ 28,000 10 2,800
サンフランシスコ 25,000 10 2,500
ロサンゼルス 25,000 10 2,500
シアトル 25,000 10 2,500
バンクーバー 25,000 10 2,500
メキシコシティ 28,000 10 2,800
ロンドン 28,000 10 2,800
フランクフルト 28,000 10 2,800
ミュンヘン 28,000 10 2,800
デュセルドルフ 28,000 10 2,800
ブリュッセル 28,000 10 2,800
パリ 28,000 10 2,800
ホノルル 20,000 8 2,500
シドニー 25,000 10 2,500
シンガポール 18,000 8 2,250
デリー 20,000 8 2,500
ムンバイ 20,000 8 2,500
ジャカルタ 20,000 8 2,500
バンコク 18,000 8 2,250
ホーチミンシティ 18,000 8 2,250
ハノイ 18,000 8 2,250
マニラ 12,000 8 1,500
クアラルンプール 18,000 8 2,250
ヤンゴン 18,000 8 2,250
プノンペン 18,000 8 2,250
ソウル 12,000 6 2,000
北京 12,000 6 2,000
上海 12,000 6 2,000
大連 12,000 6 2,000
青島 12,000 6 2,000
厦門 12,000 6 2,000
武漢 12,000 6 2,000
瀋陽 12,000 6 2,000
成都 12,000 6 2,000
広州 12,000 6 2,000
香港 12,000 6 2,000
台北 12,000 6 2,000

 

 

 

 

アイランドホッピングでJAL搭乗回数を稼ぐ

JAL 国内線でエリートステータスのために区間数を稼ぐ方法の
一つがアイランドホッピングです。
離島の短距離を乗り継ぐことで搭乗回数を稼ぐ事ができます。

2018年6月30日まで1泊2日で最大15フライト可能

一日目(土曜日)
羽田(8:00)-JAL643-鹿児島(9:50)

鹿児島(10:10)-JAL3727-奄美大島(11:05)

奄美大島(13:05)-JAC3861-与論(13:50)

与論(14:15)–JAC3856-沖永良部(14:40)

沖永良部(15:10)-JAC3850-奄美大島(15:45)

奄美大島(16:15)-JAC3835-喜界島(16:35)

喜界島(17:00)-JAC3784-鹿児島(18:10)

二日目(日曜日)
鹿児島(7:35)-JAL3791-徳之島(8:45)

徳之島(10:10)-JAC3842-奄美大島(10:40)

奄美大島(13:05)-JAC3851-沖永良部(13:45)

沖永良部(14:15)-JAC3855-与論(14:40)

与論(15:10)-JAC3862-奄美大島(15:50)

奄美大島(16:15)-JAC3835-喜界島(16:35)

喜界島(17:00)-JAC3784-鹿児島(18:10)

鹿児島(18:35)-JAL652-羽田(20:10)

ホテルと航空券がセットになったツアーはこちら




南大東島滞在24時間の旅

JALのマイルを使って南大東島へ行ってきました。

那覇から琉球エアーコミューターで約1時間で到着。

島唯一のホテルホテルよしざと。空港-ホテル間の送迎付きです。

チェックイン後、仕事の関係で南大東島に住んでいるAさんが車で
案内してくれました。

まずは、ホテルの斜め前にある大東そばで昼食。
大東そばと寿司のセットを食べました。ちぢれ麺が特徴です。

2018年3月26日からスタートするNHK BSこころ旅沖縄編で南大東島が
紹介されるようです。日野正平さんも大東そばを食べたとの事。

南大東島は、サンゴが隆起してできた島でビーチがありません。
島には3つほどこの様なプールがあるそうです。

漁港を見下ろす高台から北大東島が見えました。
漁港の壁は、高さ30メートルですが台風が来るとこの高さの倍
の60メートルの波が打ち寄せる事もあるそうです。

以前の南大東空港
現在、滑走路には村営住宅が建ち空港ターミナルは、ラム酒
工場
になっています。ラム酒は試飲もできますよ。

唯一の見どころ?星野洞へも行きました。
事前に予約が必要ですが大東そばを食べている時にたまたま関係者の
方が居たので14時で予約しました。

タブレットが貸し出され詳細な解説を聞けます。入場料は800円。
星野洞のホームページ

1983年までサトウキビ運搬用に使っていた列車。
シュガートレインを復活させる動きがあるようです。
もし復活すれば日本で最も南を走る列車になります。

日曜日だったので居酒屋など多くの店が休みでした。
開いていた居酒屋は大盛況。南大東島で獲れた刺身は
旨かったです。

朝食はホテルよしざとの食堂で。味噌汁の具は島豆腐でした。

ホテルよしざとの屋上には、NHKのお天気カメラがあります。
台風のニュースで使われる映像はこのカメラから。

那覇に戻るフライトまで時間があるのでラジオゾンデの打ち上げを
見るためにホテルから徒歩で気象台へ。ラジオゾンデの詳細はこちら
無料で見学できます。事前に予約すると解説していただけます。
打ち上げは、午前8時30分と20時30分。

郵便局の車は白色でした。

大東犬。白い方が大東犬で足が短いのが特徴。

南大東島滞在24時間。中身の濃い旅になりました。
お世話になった全ての人に感謝。

最後に南大東島からの離陸の模様をどうぞ。

入会するだけで上級会員になれるカード

入会するだけで優遇されるクレジットカードのご紹介です。
■航空系

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
入会でデルタ航空のゴールドメダリオン資格獲得。
スカイチーム加盟航空会社のラウンジを利用できたりニッポン
500マイルキャンペーンで最大20,000マイル獲得可能に。
その他の優遇詳細はこちら

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード入会で
デルタ航空のシルバーメダリオン資格獲得。
500マイルキャンペーンで最大20,000マイル獲得可能に。
その他の優遇詳細はこちら




■ホテル系

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

に入会するとスターウッド プリファード ゲスト ゴールド会員資格
を獲得できます。

ヒルトン・オナーズVISAゴールドカード入会でヒルトン・オナーズ
ゴールド会員資格を獲得。
ヒルトンホテルでのWiFi無料サービスやラウンジ利用などの
特典があります。