ANAのマイルを使って、ウィーン ドブロブニク ミュンヘン へ
関西空港からルフトハンザ航空でフランクフルト経由でウィーンへ



スタアラゴールド会員は、ファーストクラスでチェックインできます。
座席は、シートグルでも推奨になっている1A。ちなみにファーストクラスは、2階です。1列目は、静かで良かった。
 
ビジネスクラスで飲めるビールの種類が3種類に増えました。往路で全3種類を飲んじゃいました(笑)
フランクフルト到着前の食事は、期間限定のオクトーバーフェストメニューにしたのですが2011年に乗った際と全く同じ内容でした。

機内では、WiFIでインターネットを有料で利用可能。
無料で(英語のみ)スポーツや経済のニュースを見ることもできます。
フライト状況も見れるので乗継のゲートの確認等に使えます。
 
フランクフルト空港では、ピアAが新しくなりシェンゲン協定国への乗継時には、セキュリティチェックの後に入国審査。
入国審査もゲートが増えており待たずに入国。(かなり改善されました)
ちなみにピアAは、シェンゲン加盟国から到着するAゲートと非シェンゲン加盟国から到着するZゲートに分かれてます。
 
ウィーンまでは、オーストリア航空。機内では、オーストリア産のビールをいただきました。
ウィーン空港からホテルまでは、ウィーン西駅までリムジンバスで行きそこからは、地下鉄でホテルへ。
ホテルは、Holiday Inn Vienna City 。部屋をアップグレードしてもらったので少し宣伝。
このホテルは、シェーンブルン宮殿へは、地下鉄乗り換えなしで行けて便利でした。
Holiday Inn Vienna City は、インターコンチネンタル ホテルズ グループ(IHG)のサイトから予約したIHGリワーズクラブ会員は、無料で無線LANが利用できます。(1回59分の接続が無料。何度もログイン可能なので滞在中無料ということ)
 

〔参考ページ〕

ウィーンのホテル(最大80%オフ)
空港からウィーン市内への移動
フランクフルト空港無料無線LAN情報(wifipt.net)
ウィーン空港無料無線LAN情報(wifipt.net)
ウィーン西駅無料無線LAN情報(wifipt.net)