台北滞在18時間の旅

伊丹→羽田→台北(松山)

今年最初の旅は、台湾・台北。
この日の東京は、暑くて羽田空港国内線ターミナルから国際線ターミナルの移動だけで汗が・・・。
なのでANA国際線ラウンジでシャワールームを借りる。
シャワーの後のビールは旨い。
ANA1187便で台北(松山空港)へ。フライト時間が短いので席に着くとすぐに映画を見ることに。
機内食は、洋食にしました。この日のビジネスクラスは、90%埋まってました。
松山空港に到着。出ると報道陣が大勢いた。たぶんWBCに出ていた台湾チームの取材と思われます。
ターミナルを出ると遠くに台北101が見えた。MRTでホテルへ。
動物園行きに乗って2駅。今回のホテルは、以前利用した兄弟大飯店。シングルルームが満室とのことで広めの部屋にアップグレードしてもらった。
夕方5時すぎに京鼎小館へ。小籠包、ウーロン茶小籠包、空心菜の炒めものとビール2本でお腹一杯。約800元でした。
タイの空心菜より台湾の方がやわらかくて好きなんですよね。
当初の予定では、ホテルの近くにある台北の地ビールが飲める店に行く予定でしたがお腹一杯で無理(汗)
ホテルに戻ってテレビでWBC観戦。その後MLBのオープン戦を見ていたけどいつのまにか眠ってしまったのであります。
朝7時前にホテルを出てタクシーで桃園国際空港へ。帰りは、LCCのピーチなのでラウンジは使えず朝食はフードコートで牛肉麺。
台北滞在18時間の旅も終了。お世話になった全ての人に感謝。

ピーチ搭乗レポートはこちら