台湾・台中への旅

台湾・台中の旅 1日目、2日目

UA853便では、座席に着いてすぐに映画を観てました。食事は、豚の角煮。
台湾・桃園空港に到着し入国審査も待たず。いつものことです。
タクシーで高速鉄道の桃園駅へ。250元。桃園から台中へは、指定席で540元。
高速鉄道の台中駅からホリデー イン エクスプレス タイチュン パーク ホテルまでタクシーで240元。
ホテルは、ネット接続(WiFi,有線LANともに)無料です。 
2日目は、タクシーをチャータして埔里と日月潭へ。まずは、昼食に牛肉麺。辛い旨い(笑)100元でした。
まず向かったのが埔里の紹興酒工場。埔里は、水が美味しく紹興酒を造るには適しているそうです。
紹興酒入りのアイス(15元)を食べましたが、微妙な味でした。
次に向かったのは、台湾のヘソ(中心地点)。駐車場に中華航空のバスが止まってました。
台湾の中心地点は、写真真ん中が日本統治時代のもので現在は、丘の上に中心点が変更になってました。写真右
 
次に向かったのは、中台山禅寺。なんでも世界一金持ちのお坊さんがいるらしい。
外観の写真だけ撮って移動。
埔里から日月潭へ。日月潭は、レイクリゾート。
車で湖を一周するには結構時間が必要。上記写真は、文武廟。
最後に行ったのは、三蔵法師の分骨がある玄奘寺。
入口には、三蔵法師が辿ったであろう場所のMAPもありました。ここから見る眺めは良かったです。
日月潭から台中に戻り夜市をぶらぶら。その後地ビールの店で飲んで台中2日目は終了。

台湾は、ユネスコに加盟していないので世界遺産はありません。
もし加盟したら日月潭は、世界遺産に選ばれてもおかしくありません。
埔里や日月潭などの情報(日本語)はこちら
後半へ 旅日記TOPへ