UA1K復帰へ向け?2012年度は、台北からスタートです。
スタートラインの台北までは、ジェットスター・アジア搭乗レポートをどうぞ。
ノボテル 台北 タオユエン インターナショナル エアポート 宿泊。
予約サイト数社を比べましたがこのホテルは、エクスペディアが断トツで安かった。空港から無料送迎バスあり+WiFi無料。
チェックイン後、BARで台湾ビール2杯飲んで爆睡。
翌日は、ANA便で成田へ。チェックイン時にマイレージカードを受け取るのを忘れる失態(汗)
搭乗ゲートで確認してもらったがチェックインカウンターでは見当たらないとの回答。
機内で、映画(マネーボール)を観ていたけど最後の10分が見れず成田に到着(涙)
機内から出ると私の名前を書いた紙を持ってお姉さまが待っていた。
私のマイレージカードが見つかったらしい。次回台北に到着の際、機内から出た所で渡してくれるとのこと。
 
成田空港での国際線から国際線乗継ぎ時の手荷物検査で日本のパスポートを出しているのに毎回英語で話しかけられる。(汗)
手荷物検査を終えて少し進むとそこは、ANAラウンジ。おにぎり&お寿司&うどんを食べてユナイテッドクラブへ移動。
ユナイテッドクラブでシャワーを浴びてビール。プレミアムモルツの黒ビールと枝豆。
 
UA838でサンフランシスコへ。
ANAで最後まで観る事ができなかったマネーボールがメニューにあるではないか。離陸前から再生ボタンを押した(笑)
ANAでは、字幕だったけどユナイテッドは、吹き替え版だった。無事最後まで観ることができて満足。
そして機内食を食べ終わり爆睡モードへ。
サンフランシスコ到着後、ラスベガスへ。
遅延のためゲート変更が3度ほどあり結局国際線ターミナルGATE92から2時間強遅れて出発した。
ちなみに92番ゲート付近でも空港の無料無線LANが利用できた。
ラスベガス到着後、タクシーでフラミンゴ・ラスベガスへ。今回は、宿泊無料(コンプ)です。
シャワーを浴びてダウンタウンのフリーモントへ。
上の写真左は、1907年にラスベガス第一号の電話機です。ゴールデンゲートホテルのフロントにありました。(縦横変換してません)
この日のフリーモントの電光ショーは、中国の正月バージョン?音楽も中国ぽい。映像は、龍を中心としてました。
終了後は、いつも大歓声なのにこの日は、人が多かったにも関わらず拍手はまばら。
完全に中国人向けの映像と音楽でアメリカ国内からの観光客には不人気だった模様。
 
翌日は、プレミアムアウトレットをぶるぶら。TUMIのカバンが安くて買いたかったけど荷物が増えるので諦めました。
昼食は、アウトレット内のマキノで。マキノで食べるのは、10年ぶりか?
これまでマキノは、車がないと行きにくいところにしか無かったのでね。プレミアムアウトレット店は、行きやすい。
TODAIより安い価格で料理の内容は、殆ど同じ。平日ランチタイムだと緑茶を頼んでも20ドル程度。
その後、メインストリートステーションでブラックジャックで遊び夕方フラミンゴに戻り一旦休憩。
↓途中でラスベガスらしい車を相次いで発見。
ベガス最後の夜は、ベラッジオの噴水ショーを観て終了。明日は、午前3時起きです。
午前4時過ぎにチェックインカウンターへ。まだUA,COのチェックインは別々だった。
カウンターに誰も居なかったので機械でチェックイン。641ドル出すとファーストクラスにアップグレードって出たけど機内では、爆睡するだけなのでパスした。平日なのに相変わらず早朝からセキュリティチェックは、長蛇の列。ようやく抜けたと思ったらラウンジは、5時30分からだと!搭乗時間が5時30分なので諦めて搭乗ゲート近くのPCディスクで空港無料WiFiを利用してメールチェック。
午前6時ラスベガスを出発。サンフランシスコへの途中で空が明るくなる。サンフランシスコには、予定より早く到着。
国際線ターミナルのラウンジは、午前8時オープンだと思っていたが、8時前でも開いていた。
国際線のユナイテッドクラブは、空港の無線LANが入らないので入口でもらったパスワードでネット接続。
 
先日のSFO−LASの機内でバドワイザーらしきものを飲んでいる人を発見。
成田へ戻るUA837便で、バドワイザーを頼んでみた。出てきた。久々にバドワイザー復活!!!クアーズも、これまで通りあります。
機内食を食べ終わると爆睡モードへ。成田到着1時間30分前に偶然起きてパサパサな焼きそばを食べさせられた(笑)。
フルーツプレートにしておけば良かったよ。

そんなこんなで今年初の旅は終了。この旅でお世話になった全ての人に感謝です。
次回の旅は、セドナ,ラスベガスの予定です。