OSAKA/KANSAI-CHICAGO/OHARE-NYC/LAGUARDIA空の旅

今回の旅もユナイテッド。予約を98年6月30日に入れる。
前回のラスベガスの旅で25,000マイル貯まった為、エコノミーゾーンスペック運賃でビジネスクラスを利用することにした。
事前座席予約で静かで落ちつける2階席の最前列12Aを確保した。

8月17日出発の日。
11時にいつも通り、OCATでチェックインをする。 ここでこの旅最大の幸運が・・。カウンターでEチケットの紙、マイレージプラスのカード、パスポートを提出。 本来なら、事前座席予約もしておりスムーズにBOARDINGPASSが出てくるのだが、カウンターの女性は端末としばらくの間にらめっこ。なんとかBOARDING PASSが印刷されて出て来た。ところが、彼女は何かを 探しだした。私の目の前に、エコノミーとビジネスクラスのBOARDING PASSケースがあった。
私は、「ビジネスのならここにありますよ」と指差した。 その瞬間、カウンター下の引出しから何やら取り出し「ありました。お客様。ビジネスが一杯でファーストクラスになっています。座席は最前列の1Aです。」と言いながらファーストクラスのBOARDING PASSケースに入れてくれた。 おまけに、OCATでチェックインした人に(98年10月末まで)300円の利用チケットがもらえるらキャンペーン中でこれをもらい関空行きのバスに乗り込む。(1,300のところチケットを使用して1,000円で済んだ)

空港ビルは、夏休みだけににぎわっていたが、出国手続の際、閑散としていてすんなりと出国。
13時50分ファーストクラスから搭乗開始。
確かにシートは分厚く、シート間隔が広い。ウエルカム・ドリンクでシャンパンを頂く。これがドンペリか。おいしい。14時20分。予定より5分遅れでイリノイ州シカゴへUA886便(747−400)は飛び立った。

さすがにファーストクラス。機内食は1品、1品の出てくる間隔が長く貧乏症の私には合わない。
約1時間強で食事は済んだが間隔が空いていたためか腹5分目といったところ。でも胃の為にはこれぐらいでいいかも。
後の楽しみは映画なのだが前回のラスベガスで見たものがほとんど。唯一メジャーリーグ3ぐらいだ。
このメジャーリーグは3本目の映画なので、その間寝る。
タイミングよくメジャーリーグ3の始まる前に目覚める。がしかし。このメジャーリーグ3だけは英語のみの放送。
石橋のセリフのところでは、わざわざ英語の字幕が入っている。なんかホッとする。
このメジャーリーグ3は、日本で封切り後、すぐに打ち切られただけあった最悪の映画であった。
こんなのでよく石橋はアメリカを目指し気になるなぁ。そんなことを思っていると朝食が配られて来た。
朝食が終わりアメリカ入国、シカゴ空港の紹介ビデオが流れる。アメリカ中部時間12時14分シカゴに到着。

シカゴは、サンフランシスコと違って入国手続きを終え荷物を取り、検疫を受ける手順なのだが、ファースト、ビジネスの荷物より先にエコノミーの荷物がターンテーブルに流れて来る。でもエコノミーの人は入国審査で行列を作っている。
当然ターンテーブルは荷物の山。3重4重になってしまう。なかにはこぼれ落ちる荷物も。
ファースト、ビジネスの客は唖然。待つこと10分。3重、4重になった所に自分達の荷物がくるが、取るのに大変だ。
女性は、まわりの男性の力を借りてどうにか荷物を手にする。私も自分の荷物が出てくるまでの間、日本人の女性5人分のカバンを取ってあげた。
自分のカバンを取り、検疫を通過してユナイテッド国内線に乗換えるにあたりカバンを再度預けなおす。
シカゴはアメリカの空港の中で最も乗降客の多い空港で日本で言えば新宿のようなところ。国際線ターミナルから国内線はトラムで移動。
国際線は第5ターミナルで国内線は第1、2、3ターミナルの3つがあり、ユナイテッドは第1ターミナル。
約5分で第1ターミナルに到着。ここで手荷物検査を受け搭乗ゲートそばのシートで待つこと1時間。いざニューヨークへ。
(シカゴでの1時間の間に日本人の女性一人旅をあちらこちらで見かける。)

全員の搭乗が終わり定刻通りニューヨークへと思ったのだが、滑走路に向かう途中、機長からのアナウンス。「ニューヨーク地区で雷雨が発生しておりラガーディア、ジョン・F・ケネディー空港が閉鎖されている。このためシカゴで待機する。」という内容のものであった。ビジネスマンは一斉に各シートについている電話を利用している。
シカゴ空港の隅で待つこと1時間強、機長から「グッドニュースが入って来ました。空港閉鎖が解除されたからこれからニューヨークへ向かいます。」こうして1時間30分遅れでニューヨークへ向け出発。
後で知ったのですが、本来なら乗客を空港内で待たせるのですが、シカゴで1機が搭乗ゲートを占有していると、続々と出入りする飛行機のゲート変更がものすがい数になり乗客も大混乱を起こすためこのような隅のところで待つ処置をシカゴでは取るらしい。もうすぐニューヨークというところで、雲が厚くなってくる。アナウンスが最終着陸体制を告げる。
11年ぶりのニューヨークは雨のお出迎えか。UA682便がまもなくラガーディア空港に降りようとしたそのとき、雲と雲のすきまから自由の女神を窓越しに見る事ができた。おもわずニッコリ。ニューヨークに着いた時、雨はやんでいた。