メイン

エミレーツ アーカイブ

2016年07月26日

エミレーツ7日間限定特別運賃

エミレーツ航空が、7月25日~31日の7日間限定で、公式ウェブサイト
にて、羽田・成田・関空発欧州各都市への往復航空券を、エコノミーク
ラスは55,000円から、ビジネスクラスは331,000円からの特別運賃で
発売中。

特別運賃の対象となるのは、ウィーン、プラハ、ワルシャワ、モスクワ、
サンクトペテルブルク、コペンハーゲン、ストックホルム、オスロを含む
ヨーロッパ37都市とアルジェ・カサブランカ・チュニス3都市。


ホテル予約サイトで今すぐサインアップして、最初の予約でユナイテッ
ド1,000 マイルをGETしよう







2016年12月24日

エミレーツ短距離路線にA380

エミレーツ航空はドバイとカタールの首都ドーハ間にエアバスA380を
導入した。

長中距離路線に投入されてきた同型機だがドバイ-ドーハ間は379キ
ロ。フライト時間約40分とA380定期路線では世界一短い路線に。

往復料金は、エコノミークラスが約230米ドル、ビジネスクラスが575ドル
、ファーストクラスが1,425ドル。

A380に乗って世界各地からドバイに到着した乗客にドーハまでも
A380に乗って欲しいというのが導入理由らしい。

同社は、A380を87機保有。更に55機を追加発注しています。
今回の短距離への導入は、空港に長時間無駄に駐機させているより
顧客へのサービスに使ったわけですね。







2017年01月06日

エミレーツ航空のアメニティ

エミレーツ航空がファーストクラス,ビジネスクラス向けのアメニティ
を刷新!

ブルガリのファーストクラス(女性用)新アメニティキット


ファーストクラス用のキットバッグは、男性用がチャコールグレー、
女性用がペールグレーで、8種類のデザイン。
ビジネスクラス用として、男性用・女性用各4種類の計8種類のデザ
インが準備されています。
アメニティキットは、夜間の長距離フライトで提供されます。


また、ファーストクラスでは世界初、保湿効果のあるラウンジウェア
を採用。
同ウェアは、スリッパとアイマスクがセットになったフェルト製ポーチ
に入れ、夜間の長距離フライトの際にファーストクラスの乗客に提供
されています。








2017年02月09日

エミレーツ航空早割りセール

エミレーツ航空が2017年3月26日から成田-ドバイ路線にエアバス
A380機で運航。これを記念して早割りセールを実施。

予約期間:2017年2月22日まで
旅行期間:2017年3月26日から11月30日まで
上記期間中、燃油サーチャージ無料。

空港税などは別途加算で例えば
エコノミークラスでバルセロナが57,300円から
ビジネスクラスでヨーロッパ各地が372,500円から

燃油サーチャージ無料だけでもお得ですね。


ユナイテッドMileagePlusセゾンカード初年度無料&入会ボーナスマ
イルキャンペーン






2017年03月27日

電子機器機内持込み禁止への対応

中東から米英への直行便で電子機器の機内持ち込みを禁止になり
ましたが、トルコ航空はチェックイン時に電子機器を提出すると、壊れ
ないようにパッキングしてくれるようです。
同様の対応は、エミレーツ航空でも行われています。



ユナイテッドMileagePlusセゾンカードでは、入会キャンペーン実施中。
2017年3月31日までに入会すると

・初年度カード年会費無料
・特別ボーナスマイル1,000マイルプレゼント
・VISAブランドを選択すると最大21,000マイル獲得のチャンス!

詳細はこちら







2017年04月22日

エミレーツ・アメリカ路線便数削減

カタール航空が2017年5月3日までエコノミークラスのスーパーセール
を実施中です。
ヨーロッパ、中東、南米の各都市に設定。

たとえば、ヨーロッパ往復が44,800円から

対象旅行期間は、2017年6月21日まで

予約クラスは、Q,T,Nクラスです。



さて、トランプ政権の入国制限の影響が中東の航空会社で出て来ま
したね。
エミレーツ航空が乗客数が減りアメリカ5都市への便数を削減。
シアトル、ボストン、ロサンゼルス便では1日2便から1便へ。
特に電子機器の機内持ち込み制限が大きいようです。






About エミレーツ

ブログ「マイラーな日々」のカテゴリ「エミレーツ」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはエティハド航空です。

次のカテゴリはエールフランスです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.