大阪空港ー成田空港ーシカゴーセントルイス 99/07/02

なんとか出発できました
昨夜、他のサイトへの書き込みを終え、ノートパソコンを持っていく準備をしていたらモデムカードから先のケーブルが無い事にきずいた。通常自宅からはISDNを利用していて使わないのだ。先日の東京出張時に会社に忘れてきてしまった。(><)
朝少し早く起き朝食も食べずに会社に向かう。
ケーブルを手にして7時30分に会社を出て大阪空港へ。
8時少し前に到着。JAL成田行きのカウンターに並ぶ。座席の好みも聞かれず、45Dを渡される。
8時20分。搭乗開始。機体は国際線仕様の747−400。45Dは、エコノミー席だったがパーソナルビデオが付いていた。
UAも早くここまでならないかなぁ。
出国!
成田到着後、第1ターミナルから第2ターミナルへ移動。
チェックインを済ませ、カジノで負ける事も考えて少しだけ両替をする。
レッドカーペットクラブに入り、少しお腹が空いていたのでパンを食べる。もちろんビールも飲んだ。
今の設備では、成田のレッドカーペットクラブが一番設備が整っていると私は思う。
無料電話を利用してHPに書き込み完了。
搭乗開始
会社に1本メールを書いている途中で、UA884便搭乗開始アナウンスが流れる。
チェックインした時「出発15分前に搭乗してないと乗れないことがあります」と脅されていたので時間を気にしながらメール送信。
ノートパソコンを慌ててバッグに詰めこみ26番ゲートへ。
既に、エコノミーの搭乗も開始されていた。
機内食はこんな感じ
快適。快適。
ビジネスクラスは40%ぐらいの搭乗率。後ろのシートは空席だったのでシートを最後まで倒して少し眠る。
今回は、日本人のスッチーが2人ビジネスクラスを担当していて、良く気が利いて快適に機内で過ごせた。
残念ながら、シートは旧型だった。
セントルイスはどんなところ
今回訪れるセントルイスについて調べてみた。
セントルイスはミズーリ州にあり、私が良く飲むバドワイザーを製造しているアンハイザー・ブッシュの本社があるらしい。
また、ホット・ドッグやアイスクリームが発祥の地だって。
シカゴに到着
9時25分。シカゴ・オヘア空港に到着。2ヶ月ぶりのシカゴ。
入国審査でどこに並ぼうか考えた。昨年女性の所に並んだら10ぐらいの質問が来たから、今回は避けたかった。
でも、どこも女性係官ばかり。よくよく見ると去年いじわるされた係官がいたので、その隣に並んだ。
すんなり入国。予断ですがシアトルの入国係官は英語ができない人を見ると質問攻めする事で有名だって。
9時35分荷物を受取り、税関を通り、再度荷物を預けた。
はじめてのターミナル2
国際線ターミナル5からターミナル1へ移動。UA全便はターミナル1から出ると思っていたので。ところが、セントルイス行きの出発ゲートを確認するとターミナル2になっていた。トラムに乗りターミナル2へ移動。
出発まで1時間以上あるのでここでパソコンを開いた。
日本の空港では、ノートパソコンを広げると回りの視線が気になるが、ここアメリカでは、あちらこちらで開いているので気にならない。
セントルイスへ到着
11時44分にシカゴ・オヘア空港を飛立ったUA1097便(A320)は、12時52分定刻にセントルイスに到着した。
第一印象は、蒸し暑い。蒸し暑いと聞いていたがそれにしても暑い。
荷物を受取り、シャトルでホテルに向かう。片道10ドルで約25分でホテルについた。
シャトルに同乗したカップルも私同様、マグワイアの試合を観戦しに来たそうだ。彼らはマグワイアと言わずビッグマックと言っていた。
今回のホテルは、マリオット・パビリオン・ダウンタウン。
ブッシュスタジアムは目の前です。部屋から見ようと思えば試合が見れます。ちょっとつらいですが。
チケット購入
スタジアムの中央のカージナルスショップでおみやげを少し買った。
チケット売場は選手の通用門の近くにあったので、サインを貰おうと片手にボール、片手にサインペンを持った少年が大勢いた。
3試合分のチケットを購入した。残念ながらイン・フィールドの席は無かったが、それなりに良い席のようだ。
試合まで少し時間があったのでホテルに戻った。こんな便利な球場は今までになかった。
部屋に戻りしばらくすると雨が降るが、周りの雲はすぐに薄くなり雨は上がった。
いきなりです
試合開始1時間前にブッシュスタジアムへ。席につき左手にホットドック、右手にバドワイザを手にした。
19時00分アメリカ国歌斉唱。19時10分試合開始。
1回裏のマグワイアは2球目を軽々とレフトスタンドへ24号ホームラン。
あまりにもいきなりだったので心の準備が出来ていなかった。ですのでホームインのシーンを撮り忘れました。
下はホームランを打った時のスイング。シャッター速度が遅すぎたのでバットが見えません。(爆)
余談ですが、バットスイングでは、ニューヨーク・メッツのピアザ捕手が一番早く1マイルの差でマグワイアだとESPNはTVの中で言ってました。
またもや
第2打席は、見逃しの三振。そして迎えた第3打席。
打った瞬間ホームランとわかる25号をレフトスタンドへ放った。
試合は負け
残念ながら試合は負けました。
球場からホテルまでわずか2分の近さ。さすがにロビーには試合観戦を追えたセントルイスファンがエレベータホールに50人はいました。このホテルは昨年からマグワイア効果で稼いでいるんだろうなぁ。
さすがに今日は疲れたので7月2日23時就寝。