関空ーサンフランシスコーラスベガス

急遽決めたラスベガス
一つの大きな仕事が予定より早く終わり、スケジュールが空いたので急遽決めたラスベガス行き。
春休みの影響もあり、2日間連続で泊まれるのは、フラミンゴ・ヒルトンだけだった。
航空券は、ITNの調べたら帰りの24日がエコノミーが満席表示だった。
ここは、ユナイテッドバケーションしかないと思い、広島からの出張の帰りに立ち寄る。
なんと、国際線はOK。しかし22日、24日ともサンフラン,ラスベガス間がノーマルエコノミーしか席が空いていないと言われたので、1Kカードを提出。マイレージNOを入力してもらいキャンセル待ちをした。
わずか2時間後にOKが出た。国際線がOKなので国内線もたぶんOKだろうと思ったが、1Kになってて良かった。
チェックイン&出国
3月22日。OCATから880円のバスに乗り関空に到着。
チェックインカウンターで搭乗券を受け取る。ここでサンフラン,ラスベガス間のアップグレード(以下UG)をお願いしたが、UG用の席が一杯との事で、空席待ちにしてもらう。この際、先週のBKK-NRTの機内でもらった(詳しくはバンコク発券体験記をご覧下さい)Travel Awardの請求用紙を渡した。
出国手続きを済ませラウンジへ。(先週の出国の際は、中田英寿と報道カメラマンの追いかけっこがあり騒がしかった)
飛鳥ラウンジでビールを飲みながらHPの掲示板に書き込みを済ませる。
17時45分搭乗開始。今回のシートは32K(窓側)
サンフランへ
サンフランシスコまでの飛行時間は、8時間47分の予定。
エコノミー最前席なので少しは足が伸ばせて楽だった。久しぶりのエコノミー席。32K。隣りはブロックされていた。
食事を済ませ眠りに入る。
熟睡はできずに時間が過ぎていった。ふと隣りの椅子を見ると私宛の手紙とアメニティグッズが置かれていた。
手紙も読まずに、この時は1Kだからアメニティグッズをくれたのだろうと思っていた。
(後で読んだその手紙には、よろしければビジネスクラスにお越しください。と書かれてあった)
そんな事ともしらず、快適なエコノミークラス(手紙を読むまでは)の時間を過ごし無事にサンフランシスコに到着。
今回は手荷物だけだったのでスムーズに入国手続きを済ませる。
4ヵ月ぶりのラスベガスへ
ラスベガス行きは、12時47分。ゲートは、76番。
ゲート近くで本を読みながら時間をつぶす。
12時過ぎに76番ゲートの横のシートに移動して出入りする飛行機を眺めていたら、名前を呼ばれた。
搭乗券を出したら、それを破り捨てて、ファーストクラスの搭乗券をくれた。
500マイルのUG券を提出したが、結構です。と言われた。
(これが、ふみちゃんが言う1KユーザのUAシャトルでの自動的なUGのようだ)
UA2310便(ボーイング737)は、ラスベガスへ向け出発。
この日のサンフランシスコは快晴。離陸後、サンフランシスコのダウンタウン、今年からサンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地となるパシフィック・ベル・パーク、ゴールデンゲートブリッジを眼下に見ながらUターンしてラスベガスへ。
写真右は、いつもお世話になっているSFO空港。
ラスベガス到着
14時過ぎにラスベガスに到着。タクシーでフラミンゴ・ヒルトンへ向かい14時30分に到着。
チェックイン・カウンターは混んでいたが待つこと15分で完了。
部屋に荷物を置き、shige777さんと待ち合わせしたフラミンゴ・ヒルトンのフロントに戻ると、既にソファーに座っていた。
旅、マイレージの会話をしていたらお腹が空いてきたので、フラミンゴ・ヒルトンのバフェへ。
税金込みで15ドル。海老、カニ、フライドチキンなど食べれるだけ食べ苦しいぐらいだった。
はじめてのブラックジャック
食事を終え、shige777さんと共にブラックジャック(5ドルの台)に挑戦。
100ドル分をチップに替えスタート。21時30分に帰国の途に着くshige777さんと別れたが、22過ぎまで同じ台で勝負していた。
結果は、引き分け。
部屋に戻り、シャワーを浴び就寝。